>

応急処置の方法を知っておこう

温める応急処置の方法

温めることで、顎の血行が良くなります。
すると痛みの軽減に効果を発揮できます。
また筋肉を柔らかくすることもできます。
急に痛みを感じた場合は、暖めると炎症が起こったり痛みが大きくなってしまったりするのでこの方法を使わないでください。
しかし前から痛みを感じていて、最近痛みがひどくなってガマンできなくなったという時は使えます。

自宅で温める時は、蒸しタオルを電子レンジで作ると良いでしょう。
濡らして固く絞ったタオルを、電子レンジ加熱するだけです。
加熱し過ぎると、やけどをするので気をつけてください。
痛みが大きくなったらすぐ歯医者に行った方が良いですが、時間がなくて行く暇がない人もいます。
まずは応急処置をしましょう。

マッサージが効果を発揮する

マッサージを受けることで、ずれている顎の位置を正常に戻すことができます。
しかしマッサージは、医師の腕前によって効果が大きく異なると言われています。
高い腕前を持っている医師にマッサージを依頼した際は高い効果を得られるので、顎関節症の症状が改善されます。
しかし医師の中には、あまり腕前の良くない人もいます。

その人に任せても、痛みを軽減することはできません。
むしろ変なマッサージを受けたことが原因で、痛みが大きくなることがあります。
マッサージを受けに行く時は、腕前の良い医師がいるのか事前に調べてください。
人気の高いところや、評判の良いところは信頼できます。
またたくさんの利用者がいるところは、良いマッサージを受けられます。