>

マウスピースを使って治療することが多い

自分に合うマウスピースとは

マウスピースには、いくつかの種類があります。
自分の口に合うマウスピースの形を、医師に選択してもらいましょう。
医師は専門的な知識を持っているので、患者さんの口内の様子を調べるとすぐにふさわしいマウスピースの形を判断できます。
歯ぎしりがひどい患者さんは、金属製のマウスピースを使う傾向が見られます。


普通はプラスチックやゴムで作られたマウスピースを使いますが、歯ぎしりがひどい人は噛み切ってしまう恐れがあるからです。
自分で歯ぎしりがひどいという自覚を持っていたら、必ず医師に伝えてください。
マウスピースは、一定時間装着しないといけません。
装着し始めたころは慣れなくて違和感を抱くかもしれませんが、すぐに慣れます。

身体に与える負担が少ないメリット

歯は、削ったらもう2度と生えてきません。
ですから、失敗した時のリスクが高い治療方法だと言われています。
身体に与える負担も大きいので、もっと簡単に顎関節症の治療をしたいと思っている人がいるでしょう。
マウスピースを装着する方法なら、身体に与える負担が少なくなります。
仮に最初に装着したマウスピースの形が合わなくて痛みを感じた場合でも、すぐ別のマウスピースに付け替えることができます。

効果も大きいので、マウスピースを装着して治療する方法が歯医者でおすすめされています。
身体に負担を与えないという部分を優先に考えるのは、大事なことです。
歯を削りすぎたら大変なので、マウスピースを使って顎関節症の治療をしましょう。