>

口の問題は歯医者に行って解決

虫歯が顎関節症の原因

虫歯になっていると、歯に痛みを感じるので食べ物を噛めなくなります。
片側の歯でいつも食べ物を噛むようになるので、顎関節症になることがあります。
顎を調べても原因が見つからない場合は、歯に原因があるので調べてください。
虫歯は自然に改善されません。
むしろ、どんどん悪化していきます。
放置していると痛みが悪化して、口を開けなくても痛みを感じるようになります。

早めに治すことを意識してください。
虫歯になってからすぐに治療すれば、痛みが最小源で済みます。
きちんと治療できれば、口を開けたり食べ物を噛んだりしても、痛みを感じなくなります。
虫歯に気がついたら、時間を見つけてすぐ歯医者に行きましょう。
自力では治せません。

生え方が悪いと嚙み合わせも悪くなる

生まれつき歯並びが悪い人は、顎関節症になりやすいです。
その場合は歯を削ることで、歯並びを正常にすることができます。
正しい歯並びになれば、顎関節症を治すことができるでしょう。
また歯の病気が原因で、失ってしまうことがあります。
どこかの歯が欠けていると、歯並びが悪くなって上手く食べ物を噛めなくなります。

歯の片側だけで食べ物を噛むことが多くなるので、痛みなどを引き起こします。
歯ぎしりはひどい人は、歯が自然と削られていきます。
それが原因で歯並びが悪くなることも考えられるので、歯を高くする治療をしましょう。
歯の上に詰め物をかぶせて、高くします。
歯を削る治療よりも簡単にできるので、気軽に医師に相談してください。